建築の知識・情報

アクエアーシルバー

アクエアーシルバー!なんだか変身ヒーローのような名前です。
年末感が高まって行く中、いっぱいいっぱいでヒーローの名前を叫んでいる・・・
わけではないのです、ヤジマです。

先日お客様から屋根部分の断熱についてご質問がありました。
ヤジマの手書きで印象派のような図を書いてご説明したところ、
何とかご理解は頂けたようなのですが、補足として写真もあれば良かったなと。

F様、実物はこのようになっております。

e0264523_17231956.jpg
木材の間にダンボール状のものがご覧になれると思いますが、これこそが、「アクエアーシルバー」なのです。
弊社の建物は基本的に屋根断熱となっております。(屋根面のすぐ下に断熱材を入れるスタイル)
このアクエアシルバーは裏側(屋根面側)に空気層をつくるよう、コの字型になっておりまして、
さらには遮熱用のアルミが貼られております。この下側(見えている面)にアクアフォームを吹き付けていきます。
e0264523_17232952.jpg
こちらの物件は勾配天井になので、ずらっと貼られた様子が見えますね。
暖められた空気は、先述の「空気層」をずっとのぼって行き、最終的には換気棟から排熱されます。
アクアフォームを吹いてしまうと見えなくなってしまう部分ですが、見えないトコロこそ大切。

屋根の形状に関わらず、弊社ではこの「アクエアーシルバー」を使用して、屋根断熱で施工しています。


屋根断熱か天井断熱か、またその断熱材は何を使用するのか。
この部分は建築会社で異なるところなので、お考えのお客様は参考にしてください。

アクエアーレッド(熱血)、アクエアーブルー(インテリ)、アクエアーイエロー(カレー好き)
が居ればもっといいのにと思います。

by jsh5610 | 2017-12-18 17:42 | 建築の知識・情報